ウォータースタンド【3ヶ月半額】で申し込む方法>>

ウォータースタンド ネオの口コミ!2年愛用した筆者の正直な感想

ウォータースタンド「ネオ」は、3種類の貯蔵タンクを備えた、給水のいらない『水道直結型』ウォーターサーバーです。

ネオって実際どうなの?

ネオの口コミが知りたい!

そんな方の為に、本記事では、以下の点を中心にまとめています。

本記事の内容
  • ウォータースタンド ネオの特徴
  • ウォータースタンド ネオの良かった点・気になった点
  • ウォータースタンド ネオの電気代
  • ウォータースタンド ネオをおすすめする人
beko

ネオを2年間使った私が正直な感想をお伝えします!

ウォータースタンド「ネオ」は、

ネオはこんな方におすすめ★

水道直結型のウォーターサーバーを使いたい

美味しいお水を気にせずたくさん使いたい

見た目やデザイン性よりも月々安く使いたい

電気代は多少かかっても貯水タンク付きのタイプが良い

という方におススメの商品です♪

一方、「水道直結型」唯一の欠点は、「水道工事が必要」なこと。

工事までして、味が合わなかったり、暮らしのスタイルに合わずに後悔しないか心配ですよね。

水道直結型に不安の残る方には、水道工事不要×解約金0円で申し込めるピュアライフがおすすめです。

beko

ピュアライフで試してみてからネオへの変更も可能◎

お得なキャンペーンを利用して、暮らしに合ったウォーターサーバーライフを手に入れてくださいね◎

\ ウォータースタンドを検討中の方へ /

ウォータースタンドの味が合うか心配

水道工事して暮らしに合わなかった時が不安…

\ ピュアライフなら /

水道工事なし×今だけお得に試せます

月額料金\当ブログから申し込みで/
3,300円(税込) 1,650円/月
初期費用\キャンペーン中/
9,900円 0円
解約金\キャンペーン中/
6,600円 0円

ピュアライフを試してから他の機種に切替も可◎
まずはお得なキャンペーン中に工事不要のピュアライフで”お試し”がおすすめです◎

ピュアライフの口コミを見てみる

\6/28まで!初期費用0円・解約料0円/

↑このボタン↑からお申込みで3ヶ月半額

この記事を書いた人

\ウォータースタンド愛用歴3年/

Beko

夫と3歳息子の共働き3人暮らし

子供が産まれたことをきっかけに、水道水をよりおいしく、楽に使える浄水器を徹底調査

現在は”究極に楽”で”美味しい”水道水浄水型のウォータースタンドを中心に、浄水器情報を発信中

目次から気になる項目にジャンプできます♪

この記事の目次

ウォータースタンド ネオ 口コミ:良かった点

ウォータースタンド『ネオ』を実際に使ってみて、『良かった点』や『気になった点』を正直な口コミとしてまとめていきたいと思います!

まずは、ネオの良かった点からまとめていきます。

『ネオ』の良かった点
  • 排水栓がない
  • 水道直結型なので給水の手間がない
  • 月額料金でおいしい水が使い放題
  • 温水・常温水・冷水に対応

【口コミ】排水栓がない

ネオでは、水を排水させるための『排水栓』が必要ありません!

当時、ナノシリーズでは「ネオ」と「ガーディアン」の2種類でした。

『ガーディアン』では、「瞬間温熱システム」といって、お湯を瞬時に沸かすことで「タンクレス」を可能にしています。しかし、このお湯を沸かす際に出る湯気(水蒸気)をシンクに配水するための【チューブ】を設置する必要性がありました。
これは見た目的にもすっきしりないし、配線が嫌だったので、我が家では選びませんでした。

『ネオ』は、貯水タンク式なので、排水栓は必要ありません。

ガーディアンよりは大きいサイズですが、シンク回りに余計な配線が来ないのが「ネオ」です。

beko

最新の「アイコン」も、排水栓必要なしです♪

アイコンについて詳しく見てみる

最新機種「アイコン」の口コミを見る

【口コミ】水道直結型で給水の手間いらず

ウォータースタンド『ネオ』は、『水道直結型』で、給水の手間がありません!

使い始めて3年になるので、この便利さを忘れてしまいそうになりますが、給水の手間・ボトルの付け替えの手間がいらないのは大変魅力的です。

ズボラで面倒くさがりな私が、仕事と子育てに追われながらも、何のストレスもなく使っていられたのは、『ウォータースタンド』の水道直結型だったからこそと思っています。

ボトルタイプのウォーターサーバーは、

・ボトルが配達される→運び込む(重い)→収納する
・水が切れる→ボトルを外す→新しいボトルを運んでくる→取り付ける(重い)
・使ったボトルの処分

といったように、『水を使う』『水を飲む』ために様々な労力を必要とします。

ズボラな私にとって、これはかなり厄介。

しかも、常に在庫を保管しておかなければならず、場所を取ることへのストレス。

『ボトル型ウォーターサーバー』で生じる不便やストレスをすべて解消してくれるのが、『水道直結型』のウォーターサーバーです。

日々の暮らしをイメージしていただいて、『ボトルタイプ』のウォーターサーバーに少しでも面倒さを感じた方には、ぜひおすすめしたいです。

【口コミ】月額料金で美味しいお水使い放題!

月額料金で美味しいお水が使い放題なのも魅力です。

『ボトルタイプ』のウォーターサーバーは、使う量や飲む量を気にしてしまいますが、料金を気にせずにごくごく飲めて、たっぷり使えるので安心です♪

我が家では、朝起きてまずは1杯、職場や保育園に持っていく水筒、お味噌汁、炊飯、料理に使う水全般、すべてウォータースタンドの水を使っています。

子供が小さいうちは、お水をこぼしてまた汲んで…ということもしょっちゅうです。
私も夫も水分をたくさん取るタイプなので、使用料を気にせずに使えるという点に助かっています♪

【口コミ】温水・常温水・冷水に対応!

『ウォータースタンド』の『ネオ』は、温水・常温水・冷水に対応しています。

料理に使うときは温水を使えば時短になりますし、ちょっとコーヒーが飲みたいというときに、すぐお湯が使える便利さは、1度使ったらやめられません。

我が家では、夫は冷水派なのですが、私と子供は常温水派なので、飲料水として使用する際に、『常温水』と『冷水』に対応してくれているのは助かります。

また、そうめんを冷やしたい!とか、食材の粗熱をとりたい!というときに、『冷水』をジャンジャン使っています。こんな贅沢な使い方ができるのも、ウォータースタンドの魅力だと思っています(^^)

【口コミ】ネオを使ってみた感想~気になった点~

ここでは、2年半ネオを使ってみて、実際に感じた気になった点をまとめていきたいと思います。

ネオの気になった点
  • 水やお湯はレバーを押し続けていないと出せない
  • 時々特有の「音」がする
  • 他の機種に比べるとサイズが大きい

【口コミ】水やお湯はレバーを押し続けていないと出せない

ネオの給水(お水を出す)方法は、レバータイプです。

レバータイプとは?

レバーをコップや手で押している間だけ水やお湯を抽出できる仕組み。

beko

昔からある給水機のタイプと一緒です。

これ、コップ一杯の水をくむだけならいいんですが、鍋や料理で使うのにたくさんの水を抽出したい場合はちょっと大変でした。

我が家の正直な感想

だんだんと重くなってくる鍋を持ちながら、レバーを押し続けるのは割と大変でした。

特に、温水を抽出していると、鍋や器自体も熱くなってきます。

その鍋や器を素手で持ちながらお湯をため続けるのは危険なレベルの熱さ。

いつもタオルなどを挟んでもって…さらには若干跳ねるお湯による洗礼…w

料理に使わない・1回あたりコップ分くらいの使用しかしない、という方には、使用上まったく問題ないと思います♪

beko

レバーを押すだけというシンプルな構造自体は、私は割と好きでした♪

我が家の正直な感想

お湯が出るスピードは、貯水タンクのあるネオの方が格段上なので、「アイコンにしたら遅くて使いにくいかな」と思っていたのですが、アイコンは「連続抽出機能」があるので、鍋を置いて、ボタンをポチっとして、別なことをしている間にお湯がたまります。

「ネオ」のようにお湯がたまるまで重くて熱い鍋を持ち続ける大変さからみたら、多少時間のかかるアイコンの方が、効率が上がった感じがします。

料理にもどんどん使いたいという方には、連続抽出可能なアイコンがおススメです。
我が家もアイコンに機種変更したら、快適度が上がりまくりました!
アイコンの公式ページはこちら

【口コミ】時々特有の「音」がする

ネオは、給水タンクに定期的にお湯・冷水を造って貯めてくれるのですが、その際に特有の「音」がします。

表現が難しいのですが、「ぽこっぽこっぽこっ」「ぶーぶーぶーぶー」といった感じ。

我が家の正直な感想

音の大きさは、テレビを見ていればかき消されるくらいです。
2歳の子供が、「これ何の音~?」と気にするレベルでは割としっかり音がします。
体感的には2~3分すると鳴りやむ感じです。

音がうるさすぎる!ということはないので、我が家ではさほど気にしていませんでしたが、気になる方もいらっしゃるかな、と感じたので、正直なレビューとして綴っておきます。

ちなみに、機種変更した最新機種「アイコン」は、ワインセラーに採用される静かで高品質な冷却システムを使っているので、音が全く気になりません!というか私にはまったく音が聞こえません。めちゃスゴイ。

【口コミ】他の機種に比べるとサイズが大きい

ネオは、他の似た機種に比べると、サイズは大きいです。そして重いです。


ネオ

アイコン

ガーディアン
幅260㎜
奥行397㎜
高さ500㎜
※受け皿使用時奥行505㎜
幅180㎜
奥行340㎜
高さ385㎜
幅230㎜
奥行230㎜
高さ471㎜
※受け皿使用時奥行471㎜

アイコンを初めて見た時の「ち、ちいさい!」と感じたあの衝撃は忘れられません。

我が家では、受け皿を使用して使っていたのでなおさらかもしれませんが、

beko

ウォーターサーバーってこんなにちっちゃくなるんだ…

と、技術開発力のすごさに脱帽しました。

我が家の正直な感想

ウォータースタンドの最新機種に比べると大きいですが、温水・冷水・常温水のタンクを備えているので、そういう意味では妥当な大きさだと思います。

私自身も、「アイコン」を見たから大きいと言ってますが、普段使っている分には気になりませんでした。

ウォータースタンド『ネオ』の特徴

それでは、ウォータースタンド「ネオ」の特徴について、まとめていきたいと思います♪

ウォータースタンド「ネオ」
月額料金3,850円
サイズ幅:260㎜
奥行:397㎜
高さ:500㎜
受皿使用時奥行: 505 ㎜
重量18.0kg
タンク容量【冷水】2.5L
【常温水】2.5L
【温水】1.0L
フィルター・ナノトラップフィルター
・イノセンスフィルター
【除去物質】計21項目
・家庭用品質表示法(JIS S 3201)
対象物質17項目
・浄水器協会自主規格(JWPAS)
対象物質4項目
温度帯・常温水
・冷水
 5~8℃
・温水
 85℃~93℃
メンテナンススタッフによる訪問

お手頃な月額料金

ウォータースタンドでは、同じフィルターを搭載し、冷水・温水・常温水に対応した機種を3種類取り揃えています。

その中で、「ネオ」は一番お得な月額料金設定となっています。


ネオ

アイコン

ガーディアン
3,850円4,400円4,400円

ウォータースタンド独自の高性能フィルターを搭載

『ネオ』や、ウォータースタンド全般の『浄水型ウォーターサーバー』を可能にしているのが、ウォータースタンド独自の高性能フィルターです。

ナノシリーズ「ネオ」では、『ナノトラップフィルター』と『イノセンスフィルター』を採用しています。

ナノトラップフィルターとは?

ナノトラップフィルターは、NASAが技術特許を保有する高性能フィルターです。

ナノトラップフィルターの特徴

・静電気の力で、原水中の浮遊物質・粒子性重金属およびウイルス・バクテリアのような微生物を99%以上除去。

ミネラルを残し、水本来の美味しさを味わえることを追求したフィルター。

家庭用浄水器試験方法の対象物質17項目をすべて除去していることに加え、浄水器協会による自主規格基準の対象物質4項目の計21項目を除去できるフィルターで、とても高性能なフィルターです。

イノセンスフィルターとは?

『ナノトラップフィルター』で不純物を除去した後に、お水を仕上げてくれるフィルターです。

イノセンスフィルターの特徴

・「におい誘発物質」「溶解性汚染物質」「残留塩素」「揮発性有機化合物」などを除去

お水を美味しくまろやかに仕上げるフィルター

たっぷりタンク容量

「ネオ」は常温水・冷水・温水の貯水タンクを備えた機種です。


ネオ

アイコン

ガーディアン
【冷水】2.5L
【常温水】2.5L
【温水】1.0L
【冷水】1Lなし

後発の「ガーディアン」や「アイコン」は、電気代を抑えるために貯水タンクは必要最低限・ガーディアンに至っては貯水タンクなしのアイテムです。

「ネオ」はガーディアンやアイコンに比べると、貯水タンクがある分電気代がかかります。
今までボトルタイプを使っていた方で、災害時の備蓄用としても考えていらっしゃる場合は、「ネオ」がおすすめです♪

ウォータースタンド ネオの便利な機能

便利な機能

・自動節電モード

・チャイルドロック機能

自動節電モードとは?

光感知センサーでを搭載し、未使用時は自動で節電モードに切り替わります。

チャイルドロック機能は?

ネオではチャイルドロックはありません。その代わり、お湯を出す際にはボタンとレバーを両方押さないと出てこないため、小さい子では操作が難しい設計になっています。

ウォータースタンド ネオの費用・料金

ウォータースタンド『アイコン』にかかる費用・料金についてまとめていきます。

月額料金定額3,850円(税込)
初期設置費9,900円
初期設定・分岐水栓金具・設置部材・出張料金・廃材撤去費用
メンテナンス料金月々料金に含む
6か月ごとにスタッフによるメンテナンス訪問
1年未満での機種変更6,600円(税込)
1年未満での解約6,600円(税込)
その他引越し等での再設置の場合、移設費用無料

月額料金に含まれるもの

『ネオ』の月額レンタル料金に含まれるものは、

・サーバー代
・365日受付の電話サポート
・サーバー故障修理対応
・経年劣化時の本体交換
・交換フィルターおよび流路部品の配送

です。毎月上記のレンタル料金で、サポートや万が一の修理時にも対応してもらうことが可能です。

beko

ウォータースタンドは他社と比べてアフターサポートも充実しているので安心ですよ♪

ウォータースタンド ネオの電気代

ウォータースタンド『ネオ』の電気代は、

「日本宅配水&サーバー協会 消費電力測定基準」にて、1ヵ月温水18L・冷水18Lを使用した場合、
859円ほどとなるようです。

『ネオ』は、似た機種である「アイコン」「ガーディアン」と比べると、電気代が高くなります。


ネオ

アイコン

ガーディアン
859円518円150円

これは、「アイコン」「ガーディアン」にはない、「貯水タンク」を内蔵しているためです。

冷水とお湯の温度を24時間保つ必要がある為、他製品よりも電気代がかかる仕組みです。

しかし、24時間お湯を使える電気ポットと比較すると、

ネオ電気ポット
859円750円

お湯しか使えない電気ポットと比べてもそん色ないため、常温水や冷水も使えるネオがそれほど高い電気代というわけではなさそうです。

ポイント

「ネオ」の弱点である電気代を抑えた商品として後発されたのが、「ガーディアン」です。
さらに「ガーディアン」の弱点を改良して発売されたのが「アイコン」です。

電気代が多少高くても、貯水タンクがあった方が安心な方にはネオ、
電気代を抑えて、各種グレードアップした機種が良い方にはアイコンがおすすめです♪

beko

我が家では「ネオ」から「アイコン」に機種変更しました♪

アイコンについて詳しく見てみる

「ネオ」と「アイコン」どっちがおススメ?

ウォータースタンドのナノシリーズで、「常温水・冷水・温水」を使える製品としては、ネオ・アイコン・ガーディアンがあります。

正直なところ、どれがおススメなの?

beko

私個人としては、ネオかアイコンのどちらかです。

ネオとアイコンにはそれぞれいいところがあります。ガーディアンもいい機種ですが、お値段も一緒なので、ガーディアンを改良したアイコンを選んだ方がいいと思います。

ネオをおすすめする人アイコンをおすすめする人
良いところ月々の料金をおさえたい
見た目や大きさは気にしない
お湯が出るスピード重視
コンパクトでインテリアになじむデザインも重要
極力他人が家に入るのを避けたい(セルフメンテナンス)
注意点初期費用9,900円かかる
半年に1度の訪問メンテナンスが必要
温水の出る速度がネオより遅い

ネオを検討中の方に超お得&おすすめの試し方

使ってみたいけど、味や暮らしに合わずに後悔しないか心配…

ネオを検討中の方にとって心配なのは、「味や暮らしに合わなかったり後悔したらどうしよう」ということですよね。

使い始めればとっても便利なんですが、解約金や水道工事も必要なのでハードルが高いです…

beko

私も心配だったのでとっても良く分かります。

ウォーターサーバーの申し込みに不安がある・まずは試してみたい!という方におすすめなのが、ウォータースタンドのピュアライフです。

ピュアライフがおすすめの理由
  • \ 工事なしで置くだけでOK /
    合わなければいつでも撤去可能◎
  • \水の味や使い勝手に不安がある /
    初期費用0円/解約金0円キャンペーン
    →余計な費用は一切なし!最大3ヶ月間、1,650円/月で試せる◎
  • \試してから他の機種に変更も可能 /
    ピュアライフを試してみて、そのまま使い続けることも、他のウォーターサーバーに切り替えることも、もちろん解約も可能◎
月額料金\当ブログからの申し込みで3ヶ月半額
3,300円(税込) 1,650円
初期費用\キャンペーン中/
9,900円 0円
解約金\キャンペーン中/
6,600円 0円
 その他引越し等での再設置の場合、移設費用無料

ピュアライフ以外のサーバーだと、合わなくて辞めたくても高めの解約金がかかるのでお試ししにくいですよね。

味や使い勝手に不安がある方も、とりあえず試してみやすいのがピュアライフ

本来であれば初期費用や解約料がかかりますが、ピュアライフは今だけ初期費用・解約料0円。

beko

しかも、当ブログからの申し込みで3ヶ月間半額で利用可能ですよ◎

3ヶ月だけお得に試して、「やっぱり合わなかったから解約」「他機種に切り替え」も可能◎

キャンペーンを利用してお得にお試ししちゃいましょう◎

\6/28まで!初期費用0円・解約料0円/

↑このボタン↑からお申込みで3ヶ月半額

ピュアライフの口コミをもっと知りたい方は、↓こちらの記事↓をご覧ください。


詳細 「ピュアライフ」の口コミはこちら

まとめ:ウォータースタンドの最新機種『ネオ』は定番モデル!

ここまで、ネオの基本情報や実際に使ってみた感想(口コミ)をまとめてみました。

まとめ
  • ウォータースタンド「ネオ」は、ウォータースタンドの定番モデル
  • 機能や使い方はいたってシンプル。レバータイプの給水方法。
  • 大きさやデザインを気にしない、月額料金をおさえたい方にはおすすめ
  • 初期費用9,900円がかかるので注意

2年半ネオを愛用していた我が家が、アイコンに機種変更して快適度が急上昇しました。

ネオを検討中の方はぜひアイコンとの比較をおすすめします♪

ウォータースタンドのウォーターサーバーを検討中の方、ネオを検討中の方に、少しでも参考になればうれしいです♪

私自身現在進行形でのユーザーなので、もし気になることなどあれば、ユーザー目線にはなりますが、お答えできると思いますので、コメントかお問い合わせからご連絡くださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よろしければシェアおねがいします☆彡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

この記事の目次