ウォータースタンド【3ヶ月半額】で申し込む方法>>

アイコンとガーディアンの違い8つを公式より詳しく徹底解説

アイコン・ガーディアンの違い

こんなお悩みを解決

  • アイコンとガーディアンの違いが知りたい
  • アイコンとガーディアンの共通点が知りたい
  • アイコンとガーディアンでどちらがおすすめか知りたい

ウォータースタンドを検討中の方は、アイコンとガーディアンの違いが何なのか気になりますよね。

公式ページを見ても、どこが違うのかわからない…という方も多いはず。

beko

違いが分かりづらいですよね…私も戸惑いました。

本記事では、アイコンもガーディアンも使ったことのある、愛用歴3年の筆者が、「アイコン」と「ガーディアン」の違いについて徹底解説します!

どうぞお付き合いください。

この記事を書いた人

\ウォータースタンド愛用歴3年/

Beko

夫と3歳息子の共働き3人暮らし

子供が産まれたことをきっかけに、水道水をよりおいしく、楽に使える浄水器を徹底調査

現在は”究極に楽”で”美味しい”水道水浄水型のウォータースタンドを中心に、浄水器情報を発信中

\ ウォータースタンドを検討中の方へ /

ウォータースタンドの味が合うか心配

水道工事して暮らしに合わなかった時が不安…

\ ピュアライフなら /

水道工事なし×今だけお得に試せます

月額料金\当ブログから申し込みで/
3,300円(税込) 1,650円/月
初期費用\キャンペーン中/
9,900円 0円
解約金\キャンペーン中/
6,600円 0円

ピュアライフを試してから他の機種に切替も可◎
まずはお得なキャンペーン中に工事不要のピュアライフで”お試し”がおすすめです◎

ピュアライフの口コミを見てみる

\6/28まで!初期費用0円・解約料0円/

↑このボタン↑からお申込みで3ヶ月半額

目次から気になる項目にジャンプできます♪

この記事の目次

【結論】アイコンとガーディアンなら高性能なアイコンが断然おすすめ!

結論から言うと、アイコンはガーディアンの改良機種なので、高性能なアイコンが断然おすすめです!

beko

月々のレンタル料も一緒だから、アイコンを選んだ方が絶対お得です◎

スクロールできます
大きさ初期費用排水栓お湯の連続抽出冷水システムメンテナンス
アイコン
アイコン
0円なし可能(3分間)タンク1Lセルフ
ガーディアン
9,900円あり不可(120mlのみ)瞬間冷却システム訪問

特に大きく変わったのが、排水栓の有無・温水機能・冷水機能の3つ。

この後の項目で詳しく解説していきますが、値段も一緒で、正直ガーディアンを選ぶ余地がないといっても過言ではないです。

beko

しかも、アイコンなら初期費用0円◎

日頃、便利に使いたいという方には、アイコンが断然おすすめですよ◎

6/28まで!初期費用 9,900円 0円・解約金0円!/

↑ここから申込で3ヶ月半額

「アイコン」と「ガーディアン」の基本性能

アイコンとガーディアンの基本情報をすべて表にまとめてみました♪

サイズと排水栓について

アイコンガーディアン
浄水タイプ水道直結型
排水栓の有無
カラーホワイト・ブラック
サイズ幅180㎜
奥行340㎜
高さ385㎜
幅230㎜
奥行302㎜
高さ471㎜
重量 7.6kg10.6kg

レンタル料・各費用

アイコンガーディアン
レンタル料4,400円/月
電気代518円/月150円/月
初回設置費無料9,900円
解約金1年未満:6,600円
1年以上:無料

フィルター・冷温水システム

アイコンガーディアン
フィルター
交換
ユーザー専任スタッフ
フィルターナノトラップフィルター
イノセンスフィルター
常温水
モード
あり
温水
システム
瞬間温熱システム
温水の温度70℃
80℃
90℃
75℃
85℃
93℃
冷水
システム
冷水タンク瞬間冷却システム

この後の項目で、それぞれ詳しく説明していきますね!

ウォータースタンド『アイコン』と『ガーディアン』の違いは?

それでは、「アイコン」と「ガーディアン」の違いについて説明していきます♪

 アイコンガーディアン
サイズ幅180㎜
奥行340㎜
高さ385㎜
幅230㎜
奥行302㎜
高さ471㎜
重量7.6kg10.6kg
初回設置費無料9,900円
電気代518円/月150円/月
メンテナンスユーザー専任スタッフ
排水栓の有無不要必要
温水の温度70℃
80℃
90℃
75℃
85℃
93℃
連続抽出機能冷水・温水・常温水冷水・常温水のみ

アイコンとガーディアンの違いは、大きく7点あります。

アイコンとガーディアンの違い
  1. 『大きさ』:アイコンは幅5㎝・高さ約9㎝コンパクトに・約3kg軽量化
  2. 『電気代』:アイコンは月518円、ガーディアンは月150円
  3. 初期設置工事代』:アイコンは無料。ガーディアンは9,900円(税込)
  4. 『メンテナンスの方法』:アイコンはセルフメンテナンス、ガーディアンはスタッフ訪問
  5. 『排水栓の有無』:アイコンは不要、ガーディアンは必要
  6. 温水の温度帯』:アイコンはより温水が出やすいようにわかりやすい温度帯設定
  7. 『冷水システム』:アイコンは冷水タンクを装備
  8. 『連続抽出機能』:アイコンは温水も連続抽出可能・ガーディアンは温水不可×

アイコンとガーディアンの違い:①大きさと重さ

まず、『アイコン』と『ガーディアン』の違いは、

「大きさ」と「重さ」です。

アイコンガーディアン
サイズ幅180㎜
奥行340㎜
高さ385㎜
幅230㎜
奥行302㎜
高さ471㎜
重さ7.6kg10.6kg

『アイコン』は、『ガーディアン』よりも更にコンパクトな設計になっています。

奥行はガーディアンの方が少しコンパクトだね!

beko

「アイコン」は、「ガーディアン」にはない冷水タンクが備わっているので、その分奥行に若干大きさがあります。

冷水タンクを備えていても、アイコンの方が「幅:約5㎝」、「高さ:約10㎝」コンパクトな設計です。


結果として『ガーディアン』に比べ、『アイコン』は3kg近く軽い設計になっています♪

我が家のリアルな使い方♪

我が家では、奥行45㎝と、前面に全く余裕のない「狭いスペース」にアイコンを置いています。

アイコンは7kgしかなく、ボタンを押すと3分間連続抽出してくれる機能が付いています。
我が家では、アイコンを横向きにして、スペースを確保し、鍋を置きっぱなしでお湯をためています。

軽いので向きを変えるのも簡単で、連続抽出機能も便利です。

以前使っていたネオは重すぎてビクともしなかったので…w

アイコンとガーディアンの違い:②電気代

アイコンガーディアン
電気代約518円/月約150円/月

1か月あたりの電気代は、『ガーディアン』に比べると『アイコン』のほうが高いです。

電気代がやや高くなってしまうのは、「アイコン」では、『ガーディアン』にはない「冷水タンク」を採用しているためです。

ガーディアンでは、冷水が作られるまで時間がかかったり、作れる量に制限があるという弱点がありました。

beko

冷水はよく使うので、時間がかかるのは億劫ですよね

『ガーディアン』の弱点を解消するために、『アイコン』では冷水タンクを備えた設計となっています。

アイコンとガーディアンの違い:③初期設置費用

3つ目の違いは、「初期設置費用」です。

アイコンガーディアン
初期設置費用無料9,900円

『ガーディアン』では9,900円かかる初回設置費が、今なら『アイコン』では無料です!

beko

初期費用無料でも、しっかり専任のスタッフが設置対応してくれるので安心です♪

アイコンだと初期設置費用無料なのはうれしい♪

beko

いつまで無料かは未定なので、アイコンを申込みたい方はお早目に♪

初期費用がかからないのは、ユーザー側としてはとてもありがたいですよね!

6/28まで!初期費用 9,900円 0円・解約金0円!/

↑ここから申込で3ヶ月半額

アイコンとガーディアンの違い:④メンテナンス方法

『アイコン』と『ガーディアン』の大きな違いの1つが、メンテナンス方法の違いです。

アイコンガーディアン
フィルター交換ユーザーが行う専任スタッフ

『アイコン』では、6ヶ月毎のフィルター交換・メンテナンスをユーザー自身で行う「セルフメンテナンス方式」が採用されました。

アイコンの新設計フィルター

アイコンで採用された新設計フィルターは、

従来のフィルターよりもコンパクトで、工具などを使わずに交換可能
専門知識が無くても、簡単に交換できる新設計フィルター

として開発

ガーディアンのフィルター

『ガーディアン』で採用されている従来のフィルターは、ユーザーが自分で交換するには難しいため、どうしてもスタッフが自宅を訪問し、交換する手間が生じてしまっていました。

新設計フィルター開発の経緯

2020年からのコロナの影響もあり、

・定期的に他人が家に入ることを好まないユーザーが増えている
・働き世代だと、そもそも時間の調整が難しく、煩わしさが生じてしまう

というユーザーの声を反映し、スタッフが訪問しなくても交換可能なフィルターが開発されました

ウォータースタンドの企業努力!すばらしいですね!

beko

一ユーザーの私は、この経緯を聞いて、よりウォータースタンドが好きになりました☆彡単純…w

我が家のリアルな感想

ウォータースタンド愛用者である私自身、正直なところ、「半年に1度のメンテナンス」に不便さを感じていました。
半年に1度とはいえ、
・毎回1時間近く時間がかかる
・半年先の予定を組まなければいけない
・来ていただくタイミングに合わせて、家を片付けなければならない
・平日は仕事、土日休みなので、基本土曜日にお願いする
→担当スタッフさんは基本平日対応
→申し訳ない…落ち込む。
という感じで、、正直、負担や煩わしさがゼロと言ったらうそになる、という感じでした。

その為、この『セルフメンテナンス方式』の導入には大変感動しました。

私のフィルター交換の感想

実際にアイコンのフィルター交換の手順をやってみましたが、「パカッ」と開けて取り出して、また新たなフィルターを「パカっ」とはめるだけなので、とても簡単でした♪

でもやっぱりセルフメンテナンスって不安…

beko

セルフメンテナンスが不安な方は、ウォータースタンドのスタッフの方と日程を調整してサポートもお願いできます♪

アイコンとガーディアンの違い:⑤排水栓の有無

また、ホームページ上だとわかりにくい違いの一つが、排水栓の有無の違いです。

アイコンガーディアン
排水栓なしあり

排水栓とは?

排水栓とは、お湯を造る際に発生する水蒸気(湯気)を排出するためのホース。チューブのことです。

『アイコン』も『ガーディアン』も、瞬間温熱システムという、ほしいときに瞬間的にお湯を造るという画期的なシステムを搭載しています。

しかし、このお湯を沸かす際に出る水蒸気(湯気のようなもの)を排出するために、『ガーディアン』では、シンクに配水するためのチューブを設置しなければなりませんでした。

排出するためのホース(チューブ)が必要なことで、

排水栓のデメリット

・シンクにチューブがあるので見た目的に減点

・シンクを日常使いする場合に若干邪魔になる

ということが気になって、実は、私は「ガーディアン」を採用しませんでした。

アイコンでは排水栓チューブ必要なし

しかし、『アイコン』では、水蒸気が発生しないような形に改良されたため、排水栓は必要ありません。

シンク回りに余計な配線が来ない、よりすっきりした設置を可能としたのが『アイコン』です。

個人的には、この排水栓がいらなくなったことこそ特筆すべき特徴の一つだと思います♪

排水栓がいらないので、衛生的にも、インテリア的にも「アイコン」に軍配です。

アイコンとガーディアンの違い:⑥温水の温度帯

次に、『アイコン』と『ガーディアン』の違いとして、温水の温度帯が挙げられます。

 アイコンガーディアン
温水の温度・70℃
・80℃
・90℃
・75℃
・85℃
・93℃

『アイコン』では、『ガーディアン』よりも、分かりやすく、素早く、スムーズに温水が抽出できるような温度設定にブラッシュアップされています。

アイコンとガーディアンの違い:⑦冷水システムの違い

冷水システムも改良されています◎

ガーディアンは、ボタンを押してから冷水を造るので、冷水が出るまでに時間がかかるんです。

そこでアイコンでは、冷水タンクを備え、冷水抽出もスムーズに行える設計となりました。

『アイコン』は人気の『ガーディアン』で生じていたデメリットを改善した、より上位互換モデルと考えていただけるとわかりやすいかと思います♪

アイコンとガーディアンの違い:⑧連続抽出機能の違い

 アイコンガーディアン
連続抽出機能冷水
温水
常温水
冷水
常温水

公式ページでは詳しく載っていませんが、連続抽出機能にも違いがあります。

連続抽出機能とは

ボタンを一度押すと、一定時間押していなくても水を抽出してくれる機能

一定量または一定時間経過すると自動で止まる。

料理やカップラーメンなどでたくさんお水を使いたいとき、水がたまるまでの間、別の作業が可能◎

毎日忙しく”家事時短”したい方におすすめの機能。

アイコンでは冷水・常温水・温水どれも対応可能です。

一方、ガーディアンは冷水・常温水のみで、温水は120mlずつしか出せません×

beko

むしろ、たくさん量を使う温水こそ、連続抽出が役立つので、この差は大きいですよ。

ちなみに、連続抽出機能、本当に便利なんです。

朝、3人分の水筒に水を入れるのにも、「早くたまって~~~~!」とイライラ焦っていましたが、連続抽出機能があれば、ポチっとしてそのまま放置。

水がたまる間の少しの時間も無駄にせず、他の作業が可能ですよ◎

6/28まで!初期費用 9,900円 0円・解約金0円!/

↑ここから申込で3ヶ月半額

『アイコン』と『ガーディアン』の共通点は?

一方、『アイコン』が登場するまで、大変人気だった機種が『ガーディアン』なので、『ガーディアン』の良さはそのまま引き継がれている点もたくさんあります♪

ここでは、『アイコン』と『ガーディアン』の共通点をまとめておきたいと思います。

 アイコン・ガーディアン
浄水タイプ水道直結型
カラーホワイト・ブラック
レンタル料4,400円/月
本体移設費用無料
常温水モードあり
連続抽出機能あり(3分間)
注水量選択ボタン120ml
180ml
300ml
フィルターナノトラップフィルター
イノセンスフィルター
チャイルドロック温水操作のロック可能

ウォータースタンドが採用する『高性能フィルター』は『アイコン』も『ガーディアン』もどちらも採用しています。

また、『ガーディアン』でも便利だった『注水量選択ボタン』や『連続抽出ボタン』は、『アイコン』でも引き続き採用されており、『温水操作のチャイルドロック機能』もあるので、安心です。

『ガーディアン』の良さはそのままに、よりコンパクトで使いやすさを追求したのが『アイコン』です。

グレードアップした機種なのに、ガーディアンと月々の料金は一緒なので、これから申し込みされる方には、断然『アイコン』がオススメです♪

6/28まで!初期費用 9,900円 0円・解約金0円!/

↑ここから申込で3ヶ月半額

ウォータースタンド『アイコン』と『ガーディアン』の特徴

まずは、ウォータースタンド「アイコン」と「ガーディアン」に共通するおさえておきたい特徴についてまとめていきます♪

ウォータースタンドのナノシリーズ「アイコン」と「ガーディアン」は、
『水道直結型』×『浄水型』ウォーターサーバーです。

水道直結型ウォーターサーバーとは?

水道直結型とは、

キッチンなどの水道から配線を通すことで、水道水を直接つなぐタイプのウォーターサーバーのことです。

これまで、ウォーターサーバーといえば、ボトルタイプのウォーターサーバーが主流でした。

ボトルタイプのウォーターサーバーは、交換する手間や、配送を受け取る手間、在庫を保管しておく場所が必要だったりと、多数のデメリットも存在していました。

水道直結型のPOINT

ウォータースタンドの「水道直結型」ウォーターサーバーは、

・交換する手間いらず!
・水道水を給水する手間いらず!
・在庫保管の場所いらず!

なので、ストレスフリーにいつでもおいしいお水を使うことが出来ます。

ウォータースタンドは、「水道直結型」ウォーターサーバーにいち早く特化した、ウォーターサーバーメーカーです♪

beko

ズボラで面倒くさがり、共働きの我が家では、水道直結型だからこそ、ストレスなく使うことが出来ていると確信していますw

『浄水型』ウォーターサーバーとは?

『アイコン』は、ウォーターサーバー内にあるフィルターでお水を造る、『浄水型』ウォーターサーバーです。

これは、『ウォータースタンド』のウォーターサーバー全般の特徴です。

工場で作ったお水をプラボトルなどで「宅配」する形ではなく、ウォーターサーバーの中でお水を造るので、いつでも新鮮なお水を使うことが可能です。

ウォーターサーバー自体が浄水器の役割なんだね!

beko

高性能・パワフルなフィルターで、半年に1回交換もあるから性能も心配なしです。

実際にどんなフィルターなの?

beko

搭載されているフィルターについては次の項目で説明していきますね!

「アイコン」と「ガーディアン」の搭載フィルター

引用:ウォータースタンドHPより

「アイコン」と「ガーディアン」はどちらもウォータースタンドの「ネオシリーズ」と呼ばれる機種で、

ナノトラップフィルターとイノセンスフィルターを搭載しています。

フィルター・ナノトラップフィルター
・イノセンスフィルター
【除去物質】計21項目
家庭用品質表示法(JIS S 3201)
対象物質17項目
浄水器協会自主規格(JWPAS)
対象物質4項目

ナノトラップフィルターとは?

ナノトラップフィルターは、NASAが技術特許を保有する高性能フィルターです。

特徴

静電気の力で、原水中の浮遊物質・粒子性重金属およびウイルス・バクテリアのような微生物を99%以上除去
ミネラルはそのままに水本来の美味しさを味わえることを追求したフィルター

家庭用浄水器試験方法の対象物質17項目をすべて除去していることに加え、浄水器協会による自主規格基準の対象物質4項目の計21項目を除去できるフィルターで、とても高性能なフィルターです。

beko

業界トップクラスのフィルターで頼もしいです☆彡

イノセンスフィルターとは?

『ナノトラップフィルター』で不純物を除去した後に、通過するフィルターです。

特徴

「におい誘発物質」および「溶解性汚染物質」「残留塩素」、「揮発性有機化合物」などを除去

美味しくまろやかなお水に仕上げるためのフィルター

beko

役割としては、仕上げのフィルターですね☆彡

アイコン・ガーディアンを検討中の方に今だけ!お得なキャンペーンを紹介

アイコンやガーディアンが便利なのは分かっていても、使い始めるのに工事が必要なため、不安な方も多いですよね。

アイコンとガーディアンの唯一の欠点は、使い始める為に「工事」が必要なこと。

試しに使ってみるのもハードルが高いですよね。

beko

いざ使い始めてみたら、水の味が合わなかったり、暮らしに合わなくて後悔しないか心配な方も多いと思います。

解約金もあるから、後悔しないか心配…

「水の味が合うのか、暮らしに合うのか、まずは試してみたい」という方におすすめなのが、ウォータースタンドのピュアライフです。

ピュアライフがおすすめの理由
  • \ 工事なしで置くだけでOK /
    合わなければいつでも撤去可能◎
  • \水の味や使い勝手に不安がある /
    初期費用0円/解約金0円キャンペーン
    →余計な費用は一切なし!最大3ヶ月間、1,650円/月で試せる◎
    →合わなければ解約・合うのが分かってからアイコンやガーディアンに変更も可能◎
月額料金\当ブログからの申し込みで3ヶ月半額
3,300円(税込) 1,650円
初期費用\キャンペーン中/
9,900円 0円
解約金\キャンペーン中/
6,600円 0円
 その他引越し等での再設置の場合、移設費用無料

今なら、ピュアライフ限定で「初期費用0円・解約金0円」のキャンペーンを実施しています。

そのため、本来だったら試しにくい「浄水型のウォーターサーバー」を、お得に試すことが出来るんです。

しかも、当ブログから申し込むことで、3ヶ月半額キャンペーンも適用されます。

beko

月々3,300円が1,650円で利用可能です◎

味や使い勝手に不安がある方も、とりあえず試してみやすいのがピュアライフ

beko

もし合わなければいつでも辞められます◎

アイコンやガーディアンの工事や解約金、味が合うかなど、少しでも不安のある方は、ピュアライフでお試ししてみるのがおすすめですよ◎

ピュアライフの口コミをもっと知りたい方は、↓こちらの記事↓をご覧ください。


詳細 「ピュアライフ」の口コミはこちら

\6/28まで!初期費用0円・解約料0円/

↑このボタン↑からお申込みで3ヶ月半額

まとめ:ウォータースタンドの最新機種『アイコン』は最上位機種!

ここまで、アイコンとガーディアンとの違いについて、まとめてみました。

まとめ
  • アイコン」は「ガーディアン」の弱点を改良した最上位モデル
  • これから契約するなら断然「アイコン」がオススメ
  • 契約に不安のある方は、初期費用・解約料0円のピュアライフでお試しがおすすめ◎

ウォータースタンドのウォーターサーバーを検討中の方、アイコンやガーディアンを検討中の方に、少しでも参考になればうれしいです♪

私自身現在進行形でのユーザーなので、もし気になることなどあれば、ユーザー目線にはなりますが、お答えできると思いますので、コメントかお問い合わせからご連絡くださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

\6/28まで!初期費用0円・解約料0円/

↑このボタン↑からお申込みで3ヶ月半額

6/28まで!初期費用 9,900円 0円・解約金0円!/

↑ここから申込で3ヶ月半額

よろしければシェアおねがいします☆彡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次