ウォータースタンド【3ヶ月半額】で申し込む方法>>

ウォータースタンドの温水(お湯)の温度は機種ごとに違う!全機種の温度をまとめてみた

ウォータースタンドのお湯の温度は何度なんだろう?

beko

ウォータースタンドの機種を検討している際には気になりますよね!

ウォータースタンドは、他のウォーターサーバーメーカーと比べ、機種の種類が豊富。

しかも、ウォータースタンドは、機種ごとに温水の温度が異なる上に、温度の幅があるんですよね。

機種が多いという利点がある代わりに、機種ごとの違いを見極めるのに一苦労なのがウォータースタンド。

beko

私自身、機種を選ぶ際に欲しかった!「全機種の温水温度」を一覧にまとめてみました♪

この記事では、

この記事の内容
  • ウォータースタンドの機種別「温水の温度」一覧
  • 温水の温度に幅がある理由
  • 温水の温度を選択できる機種
  • ウォータースタンドの抽出される温水温度が実際何度なのか「検証レビュー」

についてまとめています。

この記事を書いた人

\ウォータースタンド愛用歴3年/

Beko

夫と3歳息子の共働き3人暮らし

子供が産まれたことをきっかけに、水道水をよりおいしく、楽に使える浄水器を徹底調査

現在は”究極に楽”で”美味しい”水道水浄水型のウォータースタンドを中心に、浄水器情報を発信中

この記事を読んでもらえれば、ウォータースタンドの温水機能や機種ごとの違いが分かります♪

どうぞお付き合いください。

\ ウォータースタンドを検討中の方へ /

ウォータースタンドの味が合うか心配

水道工事して暮らしに合わなかった時が不安…

\ ピュアライフなら /

水道工事なし×今だけお得に試せます

月額料金\当ブログから申し込みで/
3,300円(税込) 1,650円/月
初期費用\キャンペーン中/
9,900円 0円
解約金\キャンペーン中/
6,600円 0円

ピュアライフを試してから他の機種に切替も可◎
まずはお得なキャンペーン中に工事不要のピュアライフで”お試し”がおすすめです◎

ピュアライフの口コミを見てみる

\6/28まで!初期費用0円・解約料0円/

↑このボタン↑からお申込みで3ヶ月半額

この記事の目次

ウォータースタンドの「温水」に対応している機種

ウォータースタンドでは、対応している温度帯によって、3種類に分けることが出来ます。

温水・常温水・冷水が使える機種7種類
常温水・冷水が使える機種1種類
常温水のみ使える機種3種類

温水を使いたい場合、「温水・常温水・冷水」が使える機種(7種類)の中から選ぶ必要があります。

温水に対応している機種

温水に対応している7機種は、ナノシリーズ4機種・プレミアムシリーズ3機種です。

ナノシリーズ

ピュアライフアイコンガーディアンネオ

プレミアムシリーズ

S3ステラROスタンド

ちなみに、ナノシリーズとプレミアムシリーズは、使われているフィルターの違いでシリーズ分けされています。

ナノシリーズは敢えてミネラル成分を残す浄水フィルターで、プレミアムシリーズは不純物すべてを取り除くROフィルターです。

【機種別】ウォータースタンド「温水の温度」一覧

温水に対応しているウォータースタンド7機種の「温水の温度」を表にまとめてみました。

商品名最大温度

ピュアライフ
約88~92℃(調整不可)

アイコン
70℃・80℃・90℃
3段階から選択可能

ガーディアン
75℃・85℃・93℃
3段階から選択可能

ネオ
約85~93℃(調整不可)

S3
約85~93℃(調整不可)

ステラ
約85~93℃(調整不可)

ROスタンド
約85~93℃(調整不可)
ウォータースタンド「温水の温度」一覧

「アイコン」と「ガーディアン」だけは、70℃・80℃・90℃から温水の温度を選んで抽出することが出来ます。

そのほかの機種は、「温水」の温度を調整できる機能はありません…

「温水」を選ぶと、上の表にまとめた温度の温水が抽出される仕組みです。

ウォータースタンドの温水温度に幅がある理由

ウォータースタンドの「ピュアライフ」ではお湯の温度が「88~92℃」、「ネオ」「S3」「ステラ」「ROスタンド」では、お湯の温度が「85~93℃」と幅があります。

なんでお湯の温度に幅があるんだろう?

beko

私も「幅がある理由」が気になったので、実際にウォータースタンドに確認してみました♪

お湯の温度が一定ではなく、幅のある理由は、貯水タンクでお湯を作った後の仕組みに理由がありました!

お湯の温度に幅がある商品は、貯水タンクでお湯を作る(温めた)際、一定の温度(92~93℃)に達したら、いったん温める機能がOFFになります。

OFFになった後、一定の温度(85~88℃)に下がったら、また温める機能がONになる仕組みです。

温水をつくる「しくみ」

温水の温度に幅のある、「ピュアライフ」「ネオ」「S3」「ステラ」「ROスタンド」における、温水をつくる「しくみ」を説明します。

STEP
水を温める

温水タンク内の水を、最大温度まで温めます。

ピュアライフ92℃
ネオ・S3・ステラ・ROスタンド93℃
各機種の最大温度
STEP
あたため機能OFF

温水が最大温度に達した時点で、あたため機能がOFFになります。

ずっと保温しておくということではなく、いったんOFFになるそうです。

STEP
温水の温度が下がる

あたため機能がOFFになっているので、徐々に温水の温度が下がります。

93、92、91、90、89、88………という感じですね。

STEP
温水が一定の温度に下がったら再びあたため機能ON

温水の温度が一定の温度まで下がったら、再びあたため機能がONになり、最大温度まで温めます。

ピュアライフ88℃
ネオ・S3・ステラ・ROスタンド85℃
再びあたためONになる一定温度

つまり、

あたため機能直後(OFFになった直後)であれば、最大温度92~93℃のお湯が使用可能
・あたため機能OFFになったあとは、最低でも85℃以上のお湯(ピュアライフは88℃以上のお湯)が使用可能

ということのようです♪

beko

温水をあたためる機能が完全に0か100(ONかOFF)なので、温水の温度に幅があるんですね。

説明を聞いてめちゃくちゃ納得しました!

熱い状態で常に保つとなると、電気代がかなりかかってしまうという点を考慮した仕組みだと思います。

温水の温度を選択できる機種

「温水の温度に幅があるのは困る!」という方は、温水温度を選択できる「瞬間温熱システム」を搭載した、「アイコン」や「ガーディアン」を選ぶと、一定の温度での温水利用が可能です♪

「アイコン」や「ガーディアン」は、貯水タンクタイプではなく、使いたいときに温水を作って抽出する「瞬間温熱システム」を搭載しています。

温水ボタンを押してから、瞬時に温水を作って抽出する為、3段階の温水温度から選ぶことが可能になりました♪

beko

ちなみに、「アイコン」は「ガーディアン」の弱点を改良して発売された最新機種で、「ガーディアン」よりも使いやすくオススメです♪

機種の詳しいレビューはこちらの記事をどうぞ

【検証】ウォータースタンドの抽出される温水温度を調べてみた

温水温度を3段階から選んで抽出できるアイコン。

今回、我が家で愛用中のアイコンを使って、「実際に抽出される温水の温度が何度なのか」検証してみました♪

検証方法
  • 70℃・80℃・90℃の温水の温度を順番に選択。
  • 選択した温度の温水を120ml抽出し終わった際の温度を計測

※お湯の温度は一定ではない為、120mlを抽出し終わったタイミングの数値で検証しました。

温度の測定には、amazonで購入した「調理用の温度計」を使用しました♪

70℃を選択した際の温水の温度

まずは、70℃から検証してみます!

70℃のお湯を120ml抽出した際の温度は、68.8℃でした。

お湯の出始めは69~70℃を指していたタイミングもあって、ほぼ正確に約70℃の温水を抽出することが出来ていました♪

beko

ボタンをポチっとしただけなのに、こんなに正確な温度の温水が出る機能に驚きました!

正直もうちょっと下回ったり、逆に熱すぎたり?するのかなーと思っていたので(すみません…)、ウォータースタンドの商品開発のすごさを目の当たりにしました!

80℃を選択した際の温水の温度

続いて、80℃のお湯を選択してみます!

80℃のお湯を120ml抽出した際の温度は、79.3℃でした。

80℃の場合も、約80℃の温水を抽出することが出来ていました!

先に70℃のお湯を出した影響なのか、80℃の方が正確な温度のお湯が抽出できました。

90℃を選択した際の温水の温度

最後に90℃を選択してみます!

90℃のお湯を120ml抽出した際の温度は、86.9℃でした。

何度か試してみましたが、90℃を選択した際の温水の温度は、3~4℃ほど下回る数値でした。

beko

これは少し残念かな…

温水の温度に関しては、上にずれる分にはいいですが、下回られるとちょっと困る場面もあるのかも…

やっぱり高温になればなるほど、正確な温度を抽出するのは難しいのかなと感じました。

ウォータースタンドの機種は、どんどん進化しているので、今後に期待ですね♪

ちなみに、我が家では90℃で抽出されるお湯を使って、カップラーメンも作って美味しく食べることができています♪

カップラーメンに関する検証はこちら♪

検証した温水の温度まとめ↓

70℃80℃90℃
68.8℃79.3℃86.9℃

まとめ

ここまで、ウォータースタンドの温水温度について、まとめてきました!

まとめ
  • ウォータースタンドには、温水温度を選べるタイプと調整できないタイプがある
  • ウォータースタンドは、機種によって温水温度が異なる
  • 温水温度に幅があるのは、ウォータースタンドのあたため機能の特徴に理由がある
  • 温水温度を選べるタイプの温水温度は、70℃・80℃はほぼ正確・90℃は多少前後あり

ウォータースタンドの温水温度について知りたい方の、少しでも参考になればうれしいです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

よろしければシェアおねがいします☆彡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

この記事の目次